排水管で水漏れが起きる原因について

■劣化によるものが多い

水漏れが排水管で起きてしまう原因は主に3つありますが、その中でも最も多いと言われているのが劣化によるものです。他の建材と同様、長年同じものを使用し続けているとどうしても徐々に経年劣化を起こしやすくなります。その結果、ひび割れや接続部分の緩みが引き起こされ、そこから水漏れが起きます。
使用状況や周辺環境によって若干違いはありますが、大体10から15年ほど経過すれば寿命が近づいていると考えましょう。漏水が起きていて、10年以上同じものを使い続けているのなら、新しいものと交換した方が無難です。またたとえ今のところ問題が起きていなくても、工事が完了してから10年以上経過しているのなら、メンテナンスがてら水道業者にコンディションをチェックしてもらった方が良いでしょう。

■地震が影響して水漏れを起こすことも

排水管でなぜ水漏れが発生しているのか原因を調査したところ、排水管が歪んでいることに起因するケースもあり、これは地震によって引き起こされた場合もあります。
近年大きな地震は経験していないという人もいるでしょうが、震災クラスの地震が起きていなくても、小さな地震が頻繁に起こることで徐々に歪んでいくことも考えられます。歪んでいるところに下水を流すとその水圧によってさらに負荷がかかります。この負荷が積み重なることで、徐々にではありますがずれが生じやすくなります。そしてそこから水漏れが発生します。
日本は地震大国ですから、どこでもこのようなトラブルは起こり得ます。定期的に水道業者などにお願いして、ゆがみが発生していないか確認してもらうのがおすすめです。

■詰まりもよく見られる原因の一つ
排水管で詰まりが起こり、そのまま長く放置をしていると水漏れの原因となる可能性があります。固形物を流すことや溶けにくい物質を大量に流すことで発生しやすいです。水回りであればどこででも起こりうる事象です。
例えば食べかすや油汚れをキッチンでそのまま流すこともあるでしょう。これが長年積もって塊になってしまうこともあり得ます。
この手の水漏れが起こらないようにするためには、まず排水口にネットを取り付けましょう。そうすればある程度の大きさの固形物であれば、引っ掛けることが可能です。ネットをつけているだけで安心せずに、こまめに掃除してごみを取り除くことも大事です。詰まりを放置すると排水管に負担がかかり、最終的に水漏れを誘発させてしまいます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ