排水管で水漏れトラブルが起こる原因と二次災害について

■排水パイプの接続部分に原因があることも

排水管の水漏れトラブルといっても様々な箇所に原因があります。そのひとつに接続部分が緩んでいることで水が漏れてしまうという症状があります。毎日使用していないような場所でも部品が緩むことがあります。日本は地震大国で、体には感じない小さな地震も頻繁に起きています。大きな地震による大きな振動はもちろんですが、小さな振動も重なっていくと徐々に部品が緩んでしまうのです。また、建物自体が古かったり、接続に使われている部品が老朽化することで緩んでしまうこともあります。気が付かない内に少しずつ緩んでしまうため、ジワジワと漏れてしまうことが多いです。接続している部分の内部にパッキンが使われていて、パッキンそのものが古くなって役目を果たさなくなることで水漏れが起きることもあります。

■排水管自体の劣化によるトラブルも珍しくない

排水管から水漏れトラブルが起こったら、配水管そのものの劣化が原因となっていることもあります。使われている素材によりますが、一般的に排水に使われるパイプの耐久年数はおよそ10年から15年ほどです。そのため、建物が経ってからそのぐらいの年月が経っているとトラブルが起こりやすい時期と考えられます。一度トラブルが起きてしまうと、水漏れを起こした周辺がすべて水浸しになってしまうので大変です。そうなる前に定期的にメンテナンスをすることが大切です。素人には分からない部分が多いので、メンテナンスは専門業者に任せましょう。このとき、不具合が見つかったらできるだけ早めに修理を依頼してください。

■二次被害もあるので注意が必要
排水管の水漏れトラブルで困ってしまうのは、二次被害が起こりやすいことです。排水管は使い終わった生活用水が流れるところですから、もしも水が漏れてしまったら悪臭が立ち込める場合もあります。また、排水が逆流してしまうと生活用水が溢れてしまいます。これによって、場所によっては床が生活用水で浸水してしまうため、嫌なニオイだけでなく床そのものが汚れてしまったり、長らく放置してしまうと床が腐ってしまう可能性もあります。集合住宅の場合は、下の階へ水漏れによる被害が広がってしまうこともあるため、水が漏れていることに気づいたときは早急な対処が必要です。二次被害を最小限に抑えるためには、まずは止水栓を閉めて水の流れを止めてから、専門業者へ連絡を行い、状況を改善してもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ