排水管からの水漏れの修理と点検

■時間とともに可能性が高まる経年劣化による水漏れ

排水管には使用した水が流れていくため、強い圧力がかかるわけではありません。水が流れていく程度の無圧力で利用されますが、どこかに不具合が生じ、すき間でも開いてしまうと水漏れの危険性が出てきます。
水漏れする原因はいろいろとありますが、一番は経年劣化が挙げられます。どんな物でも、時間がたてば品質が下がります。新築よりも築年数がたった建物の方が、配管の状態は劣化していきます。
劣化した部分は交換をしなければなりませんが、簡単にできる部分とできない部分があるのが排水管の特徴です。見えるところだけではなく、床下などに配管されている場所が多数あるため、普段から水漏れなどしていないか、できるだけ気にしながら生活していくと良いでしょう。

■水漏れに必要な劣化部品の交換

劣化した部品の交換は、配管の部品を外して進めていきます。排水管は、場所によってはトラップを取り付けて、下水管からの臭いや害虫の侵入を防ぐ構造になっています。
こうした部分は、構造的にも複雑であり、さまざまな接続部品が使われています。また、同じ材質の物だけを使っているわけではなく、塩化ビニールもあればゴムもあります。時間とともに劣化する場所も多く、弾力を失って効果がない状態になることも出てきますので、機能するように改善する必要があります。
専用の工具を使わなければならなかったり、狭くて作業が難しかったりする場合には、専門業者に依頼した方が良いでしょう。しっかりと取り付けなければ、また水漏れなどのトラブルにつながるからです。

■定期的な点検が水漏れのトラブルから守る
水漏れは、深刻な問題を引き起こします。戸建ての場合には、床下に流れていて気が付かないといった例もあるため、定期的な点検が欠かせません。見えない場所に多く配置されているため、専門業者に点検してもらうのは、間違いのない選択です。
排水管の調査としてはいろいろな方法がありますが、内視鏡を使えば配管内部の状態を把握できるため、どれぐらいの寿命があるのかはっきりします。毎年実施する必要はありませんが、2年から3年程度に1回は点検をしておけば、大きなトラブルになる前に予防できるでしょう。
排水管は使っている水の性質からも、水漏れを起こせば修理しなければなりませんし、さまざまなところに被害を発生させます。事前に修理できるのが、被害を出さないポイントです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ