排水管からの水漏れトラブルはすぐに修理業者へ依頼し点検

■水漏れが起こったら排水管を疑う

普段何気なく使っている水道ですが、実はいつ水漏れなどのトラブルが起こっても不思議ではない状態と言えます。特に排水管からの水漏れに関して言えば、元々排水管の耐用年数は10年程度であるため、築10年以上経っている建物の場合は注意が必要です。キッチンや洗面台、洗濯機置き場やバス、トイレと家の中のあらゆるところにその危険性は潜んでいるのです。
トラブルの原因の多くは排水管の劣化ですが、つまりから水漏れが起こることもあります。特にキッチンはつまりやすいので、気を付けて点検しなければいけません。
その他、例えば地震でも排水管が損傷したり、つなぎ目の部分が緩んだりするなど大きな影響を及ぼし、水漏れに繋がることがあります。

■水漏れを発見した際の応急処置

排水管からの水漏れの原因が分かれば、解決方法が見えてきます。そのため、まずはトラブルが起きている箇所を調べることが重要となります。床が濡れている、異臭がするなどちょっとした異変があれば、そのまま放置せず必ず確認するようにしてください。
排水管は見えにくい場所に設置されていますので、水漏れに気付きにくいものです。普段から点検しておくのが一番ですが、多くの場合は何かトラブルが起きてからの対処となります。早期発見早期対策が最も有効であることを理解しておきましょう。
水漏れの効果的な応急処置は、つなぎ目などの緩みを締めなおすことです。つまりであれば、中を専用の洗剤で洗浄します。ただ、これらの方法はあくまでも一時的なものであるため、根本的な解決にはなりません。

■水回りのトラブルは修理業者にお任せ
排水管からの水漏れの原因が部品の劣化などによる場合、ホームセンターなどで新しい部品を購入し自分で交換するという方法もあります。ただ、こういった自前の修理には、リスクが伴うことを覚悟しておかなければいけません。水漏れがおさまったと思っても、またすぐにトラブルが再発してしまうケースがあります。
やはりトラブルは、専門の知識や技術、道具、そして経験がある修理業者へ依頼するのが確実です。他の場所の点検もしてもらえますので、トラブルを未然に防ぐこともできるでしょう。
24時間対応をしてくれる修理業者もあり、深夜や早朝でもすぐに駆け付けてくれる存在は心強いです。水漏れ箇所を点検してもらった後、見積もりを貰ってください。その内容に同意できなければ断ることも可能なので、水回りで何か困ったことがあればまずは修理業者に連絡するのがいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ