排水管の水漏れはどこで起こりやすいのか

■どんな場所で水漏れが起こりやすいのか

排水管から水漏れが起こる場合、家の中のどこから水が漏れやすいのか場所を知っておくといいでしょう。家の中で水を使う場所はすべて排水管があるので、水回りすべてで起こりうると考えることができます。
例えば、バスルームであれば浴室や浴槽がそうですし、トイレの場合は便器やタンク、キッチンは流し台やシンク、そのほか屋外で言うと排水溝なども排水管へ生活用水を流すため、トラブルは起こりやすい場所と考えられます。ユニットバスタイプの場合、バスルームとトイレ、さらに洗面台などの排水が一ヵ所に集まる仕組みになっているケースがあります。排水口はそれぞれ別になっていても、繋がっている排水管は一ヵ所に繋がっている場合がほとんどです。

■考えられる水漏れの原因になにがあるのか

排水管で水漏れがおきたとき、排水パイプの中で詰まりを起こしていることが原因の場合があります。最初はその詰まりが小さくて問題なく生活水が流れていたものの、詰まっている部分に更にゴミなどが溜まっていくため水の流れが悪くなってしまいます。最終的に詰まりを起こして水が流れなくなってしまうと、水が逆流し漏れてしまうという状況です。
洗面台であれば髪の毛や糸くずなどのゴミが詰まりやすいですし、うっかり溶けない物質でできた固形物などを流してしまうと排水パイプの中でひっかかり、そこへ次々とゴミが溜まってしまうのです。目に見えて掃除がしやすい場所なら良いのですが、排水管の中は手が届かず掃除が難しいです。次々に汚れやゴミが溜まっていきやすいので、水のトラブルが起こりやすい場所と言われています。

■うっかりミスで大きなものを流してしまうこともある
水回りのトラブルは、ちょっとした不注意で起こることも珍しくありません。排水管の水漏れの中でよくあるケースは、トイレの中に物を落としてしまうというトラブルです。洋服のポケットの中にスマホや財布を入れたままの状態だと起こりやすいです。とっさにすぐに取り出せればいいのですが、便器の構造によって取り出せなくなることもありますし、水を流したときにうっかり落としてしまうとそのまま排水管へ流れていってしまいます。こうなると素人にはどうすることもできません。排水管の中に流れてしまうと、大きなものであれば詰まってしまいます。小さめの物でも途中でひっかかってしまっていると、そこに細かいゴミが蓄積していき、最終的に水漏れのトラブルが発生します。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ