排水管の水漏れを直して循環をよくする

■配水管の修理だけでは改善されない場合もある

水漏れの原因はいろいろとあるので、場合によっては排水管の修理だけでは改善できない可能性もあります。特に多いのはパッキンの劣化や、全く別の場所で水漏れが発生する事例です。この場合には水漏れしている箇所を全て改善しなければいけないので、時間もかかりますし、料金も高くなる危険性があるでしょう。まずは元栓を閉めて、どこから水が漏れているのかを確認してみる必要があります。
目で見えて確認できる部分だけでもよいので、できる限り的確に情報を得ておくことが重要です。そうすれば業者に正確な情報が伝わり、より早く作業が進むようになります。見積もりも正確になるので、思っていた以上に高い修理代が必要になる可能性も低くなるでしょう。水道管というのは見えている部分だけではなく、隠れている部分も多いので、水が滴り落ちてくる場合、床から染み出してくる場合には、見えない部分から水が漏れている可能性もあります。

■料金についても相談をしておく

排水管の修理や交換を行う場合、水漏れ箇所が多いと料金が高くなることも多いでしょう。台所であればパイプを交換するだけではなく、蛇口を交換しなければいけないこともありますし、トイレであれば便器が割れている可能性もあります。そうするとかなり費用が必要になるので、修理を依頼する前に必ず詳しく状況を確認してもらい、正確に見積もりをしてくれる業者に依頼をしましょう。
以前にも修理してもらったことがある水道業者がある場合や、近くに水道業者がある場合にはすぐ対応してもらうこともできるでしょうが、地域によっては近くに水道業者がないこともあります。そのときは、できるだけ対応エリアの広い業者を探して依頼しましょう。事前に決めておくと、いざというときも慌てないで済むでしょう。

■依頼する業者をあらかじめ決めておく
水の循環が悪くなっている場合、排水管から水が漏れている可能性もあります。できるだけ速やかに原因を突き止め、すぐ業者に修理の依頼をしましょう。ただし、事前に見積もりをしてもらい、どれぐらい料金が必要になるのかも確認しておく必要があります。水道も時間が経過すればどんどん劣化してしまいます。
排水管が劣化してしまえば、水の循環が悪くなるだけではなく、水漏れを起こして家の中が水浸しになってしまう危険性もあるのです。そうなる前に対策が打てればよいのですが、正直難しいでしょう。実際は水漏れを発見してから業者に依頼をして修理してもらうのですが、いざというときのために、利用する業者をあらかじめ決めておくことをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ