排水管の水漏れを直すときの3つのポイント

■絶対にトラブルを放置しない

排水管からの水漏れがあったときは、そのまま放置するのは良くありません。水が漏れる程度が酷くなることもありますし、住宅を傷めてしまう原因になることがあるためです。
例えば、キッチンの排水管から水が漏れているときは、台下収納の中が水浸しになってしまいます。食品などを収納していれば、不衛生になったり状態が悪くなってしまったりすることも考えられます。
また、給湯器の排水管からの水漏れの場合は、ガスを使用している機器なので危険を伴う可能性があります。
水が漏れているのを放置していても、自然に直ることはありません。何らかの対策を施さなければ、より大掛かりな修理が必要になる場合もあるので、注意しましょう。

■よほど自信がある場合でなければ自分で直そうとしない

水回りの修理業者に勤めていた経験があるなど、よほど自信がある場合でなければ、自分で修理をしようとするのは危険です。
まず、水回りの修理では工具を使用することがありますが、使い慣れていない工具を使うことで、怪我をしてしまう恐れがあります。特に電動工具を使用するようなときは、細心の注意を払わなければ大怪我をしてしまいます。最悪の場合死亡事故につながることもありますので、工具の使用に慣れていない方は、無理にやらないほうが良いでしょう。
また、必要な工具が揃っていなければ新しく購入することが求められます。価格の高い工具を使うこともあるため、修理を依頼した場合よりも高くついてしまうことがあります。水漏れの修理以外にも頻繁に使うなら別ですが、そうでなければめったに使わない工具を買わなければならないことになります。
さらに作業に慣れていなければ、修理が完了するどころか住宅設備を破損させてしまうこともあります。かえって大掛かりな修理が必要になると困るので、どこに依頼するべきかを考えた方が良いでしょう。

■修理を依頼するときは水回りの専門業者に依頼する
排水管の水漏れ修理を依頼するときは、水回りを専門とする修理業者を選ぶようにしてください。工務店などに相談する方もいますが、必ずしも住宅設備や水回りのトラブルに詳しいわけではありません。
水道の修理業者なら、数多くのトラブルを解決している実績もあります。24時間体制でトラブルを解決してくれるところもあるので、そこに相談をするのがおすすめです。無料の相談や見積もりのサービスをしているため、まずは無料相談で排水管の水漏れの状況を伝えるようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ