排水管や水栓の水漏れ工事を専門業者に依頼すべき理由

■無理をして使い続けるのはNG

排水管から水漏れしている場合は、まず費用をかけてでも修理することを念頭においた方がよいでしょう。症状が悪化していない場合はまだ使い続けられると思ってしまうものの、今後症状はさらに悪化していくものです。排水管の水漏れ工事を専門業者に依頼した場合、何が原因であるかがはっきりし、さらには該当箇所以外にも水が漏れているかどうかもチェックできます。確実に対処してもらうのが望ましく、部品の交換で多くの場合は対応が可能です。また、排水管に手を加える作業は危険を伴い、排水の汚染が理由で感染症を引き起こす恐れもないわけではありません。リスクを伴うからこそ、排水管の水漏れ工事は専門業者に依頼するのが確実となります。

■見えない場所の排水管の水漏れは油断禁物

目に見えて排水管の水漏れが分かるケース以外に、地中や壁にあって目に見えないところで発生している場合もあります。工事の前に行う漏水調査を行うにあたっては大掛かりな作業となるため、専門業者に依頼するのが確実です。
その後の修理についても合わせて対応してもらえるのも大きな要素になるでしょう。排水管は消耗品であるため、経年劣化によっていずれは修理及び交換が必要になります。もちろん、どこを修理するかによって価格も異なります。先々を見据えて最新型への切り替えをするのもひとつの方法です。修理すべきか交換すべきかの判断についても専門業者に相談すれば後悔することは少なくなります。

■水栓を使っている期間から不具合を考える
一般的に混合水栓の耐用年数は10年程度です。10年以上使用している場合は交換を視野に入れた方がよいでしょう。修理をして繰り返し使うのには限界があり、先々の部品の在庫が高額になる可能性も考えた方がよいでしょう。専門業者に工事を依頼すれば水栓の交換もスムーズです。混合水栓で水漏れが起こっている場合は、耐用年数を上回っているどうかで、初期不良か経年劣化による故障なのか予想できます。混合水栓の水漏れ工事を、専門業者に依頼すべきかどうかを考える要因のひとつにもなるでしょう。長期的に使用している以上、普通に使用しているだけでも水漏れトラブルは多くなってしまうものです。原因のすべてに対処しないことには直しきることができず、個人ですべてにアプローチするのは現実的に難しいです。排水管の水漏れに限らず、何か困ったことがある場合はまず専門業者に相談した方がよいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ