なぜ排水管の水漏れが起こるのか、三つの原因を理解しよう

■異物の詰まり

排水管から水が漏れる原因には、排水するときに必要なパイプが詰まっているからというものがあります。水が漏れてしまう要因に、行き場を失った水の流れが悪くなったからというものがあるためです。多くの水がたまることによって排水管に圧力がかかり、亀裂を生じさせて水漏れが発生します。
排水が流れなくなる原因として、お風呂では髪の毛、手洗い場ではペットボトルのキャップなどの異物が入り込むことが挙げられます。食器などを洗うキッチンの水周りだと、食べ残したカスなどが同じく異物になるでしょう。トイレは誤って大きいものや硬いものを流してしまう可能性が高い場所で、水漏れになることも多くあります。
異物があると通常のように流れなくなってしまうため、日頃から排水管に異物を詰まらせないよう意識しながら生活しましょう。

■経年劣化を見逃すな

長く生活していると排水管が劣化している可能性があります。排水管は普段から気にかけることが少なく、問題なく利用していると自然と劣化していることに気づかず、ふとしたときに物が詰まっていなくても水漏れの原因になります。
経年劣化は錆びてしまったり、ネジが少しずつ緩んできたりする現象が起こります。経年劣化で起こる症状を最小限に抑えるために、水が漏れていなくても定期的に目視で確認したり、業者に来てもらって点検をしてもらったりすることで、大きな被害を未然に防ぐことができます。
何らかの問題があるまま放置していると、修理の費用の負担が大きくなります。そうならないためにも、何も起こっていないうちから意識をして生活しましょう。

■整備不良などが原因で水が漏れることもある
普段の生活の中で気をつけて水周りの設備を使っていても、排水管の取り付けの工事を担当した側の施工不良が原因で、水漏れが起こることもあります。施工不良は、経費削減で必要な部品が付いてなかったり、適当な工事でナットの締め付けが甘かったりするなどのトラブルが該当します。
特に会社の利益を最優先にしている悪徳業者は手抜き工事をする可能性が十分あります。そのような業者が施工をすると、不備があってそこから劣化していく原因になります。そうならないためにも信頼できる業者を選ぶことが重要です。
どの地域でも指定業者が決まっています。行政から指定を受けてサービスを提供している会社は、一定の基準をクリアしているので、安心して新しい水周りの設備の設置を依頼することができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ