お風呂場の水漏れトラブル!原因は循環金具か排水管?

■お風呂で頻発する水漏れに対処するには

お風呂場で水漏れしているように感じたら、何らかのトラブルが発生している可能性があります。
水漏れは主に排水管や蛇口周辺などで起きやすくなっています。排水管は使用した水を排水する役割を果たしますが、トラブルとして水が上手く流れないなどの症状が発生すると、水漏れが起きるようになります。
また、浴槽からお湯が漏れることもあります。原因として考えられるのは、浴槽に付いている循環金具と呼ばれる部分です。あまり知られていない部分ですが、循環金具がどんな働きをしているのか、また、起こりやすいトラブルの例と対処法についても知っておくようにすると、いざという時に対処しやすくなります。

■トラブルとして考えられる原因

循環金具というのは、給湯器でお湯を張るボタンを押したときにお湯が出てくる場所です。給湯器にお湯炊き機能がついている場合は、たいてい循環金具というものが浴槽の中に取り付けられています。お湯炊きにも湯舟のお湯を温めるためにも使用されています。
通常何もしていない状態では、お湯の水が漏れてしまわないよう、閉じるような仕組みになっています。ここから水漏れが発生してしまうのは、劣化によって隙間ができてしまうことによります。ちょっとした隙間でも、水漏れが起きるような大きさの隙間ができてしまえば、いつまでもお湯が溜まり切りません。それが、家の人たちを困らせてしまうトラブルに発展してしまいます。
逆にお風呂の水がうまく流れていかないという症状が発生してしまうこともあります。排水管の中にお風呂場で発生した汚れや髪の毛がつまり、排水管の内部で正常に水が流れないために起こります。

■症状を改善させるためには
もしも水漏れトラブルが発生してしまったら修理をする必要があります。修理方法として一般的なのが循環金具自体を交換してしまうというものです。水回りのトラブルでは、劣化しがちなパッキンなどの交換で済む場合もあります。
ただしパッキンを交換しようにも、まずは循環金具を分解をするという作業が求められるため、分解の作業に費用が多くかかってしまうことも考えられます。このような場合は、丸ごと交換をした方が手っ取り早く修理をすることができます。
排水管のつまりによる水漏れに関しては、排水管の内部をきれいに洗浄して、水の通りを良くすることができれば症状がなくなります。もしもつまりがひどくて排水管自体に破損が起きていれば、排水管自体を交換するという修理が必要になります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ