洗面所の排水管の水漏れトラブルが起きた際の対処法

■洗面所の排水管の水漏れの原因

洗面台で歯磨きをしたり顔を洗ったりしようと思ったところ、足元が冷たい、よく見たら床が濡れていたというような経験をしたことがある人もいるでしょう。この手のトラブルは、排水管の水漏れによるものです。
なぜこういった状況が起きるのかというと、まずは排水パイプの劣化が挙げられます。金属製と樹脂製と住宅によって若干違いがありますが、いずれも長年使っていると劣化します。すると穴が開く、亀裂が入るなどしてそこから水漏れが起きます。
排水管は取り外せて、掃除をすることが可能です。そして再度設置した時にナットの締め付けが十分でなく、そこから漏水を起こすこともあります。その他には下水管内でつまりが発生すると、下水の行き場が失われ、逆流して床を濡らしてしまいます。このようにいくつか原因があるので、特定を進めることが先決です。

■まず行うべき2つのこと

洗面所でトラブルが起きた場合、いったん使用を中断します。そして収納扉を開けてみましょう。もしこの部分が濡れていれば、給排水管のいずれかから水漏れしていることが疑われます。パイプを触ってみて、濡れている個所があればそこがトラブルポイントです。濡れている個所をぞうきんなどでふき取っておくことも大事です。
もう一つは収納スペースには問題がなく無事な場合です。この場合、プレートが床側に取り付けられているので、これを持ち上げてみます。すると洗面台下の床の状態が確認できるようになります。もしホースが下水管から抜けている場合、きちんと取り付けます。もし床が濡れているが、ホースは正常な状況であれば下水管を疑ったほうがいいです、すなわちつまりをはじめとしたトラブルが原因と推測できます。下水管が詰まっている場合、汚水が逆流しますから水が汚れているので、水の状態で見分けることが可能です。

■業者を呼ぶのが基本
接続部のナットの緩みなどであれば、素人でも自分で修理できるかもしれません。しかしパイプそのものが劣化していて交換する必要がある場合や、取付不備の場合、業者にお願いして作業を依頼したほうが無難です。
下水管で詰まりを起こしている場合、ラバーカップがあっても使用はお勧めできません。ラバーカップは排水パイプであれば、対応可能です。しかし下水管でトラブルが発生している場合はラバーカップでは対処できません。洗面ボウルから使用した場合、排水管と下水管の差込口から今度は漏水してしまいます。こうなると汚水のため後の掃除が大変です。この場合も業者に連絡して、専門家に修繕を依頼した方が良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ